2018ACL アウェイ天津 ~租界の名残

2018/04/19(木)
今回の遠征も観光を兼ねました。初めての中国なので3日間の旅程、できる限りに満喫したいと思います。

万里の長城を断念

個人的に観光の目玉。せっかくの機会なので、絶対に訪れてみたいと思っていました。
Huangyaguan Great Wall, Huangya Pass, Jixian, Tianjin
市内からは遠く離れた山間にある所なので、装備もアタックザックやトレッキングポール(ストック)などの山道具を持参、移動手段などの調査も万全で訪中していました。
が、しかし。スタジアムでのグッズ購入や、試合後の移動でタクシーにボッタクられたりして、予算ギリギリになってしまったのです。前日に計画通りいかないと痛感したことや、万一の資金不足を危惧して泣く泣く断念。

ストックは帰国時、空港の保安検査で没収されました…

そんなこんなで計画が完全に狂ってしまったので、今日の予定を練り直し。

  • 高速鉄道のチケット購入(帰国時の北京行き)
  • 租界めぐり(第2次世界大戦中のエリア)
  • 夜景の撮影
前日の移動で苦労したので、高鉄のチケット購入を第一優先としました

天津の宿

今回連泊でお世話になったのは「Tianjin Tower Jinhai Senior Hotel Apartment」というホテル。
マイラーな私、ANAグローバルホテルズでプラスマイルがあるので決めました。天津駅や繁華街も近い便利な環境なのに、お代は一泊4,000円ほど。予約時は、ちょっとキレイなドミトリーだろうと思っていました。実際は景色も最高な高級マンションの一室でした。

28階でひろびろ。

しかし、タクシーで乗っても “知らない” とか “その場所にはないよ” って言われる。予約したANAのサイトによるとこの場所。

公園かよ!
夜中にボッタクリタクシーで結局降ろされたのは、近くの5つ星ホテル「セントレジス天津」。恥を忍んでドアマンに場所を聞いてみたが、やっぱり知らないと。
仕方ないから近くのビルに片っ端から聞いてみること20分、ようやく発見!
正しい場所はここでした。目印は1階に「中国建設銀行」と「ベントレーのショールーム」があります。

実際の場所

外観

高層マンションの特定のフロア全体がホテルって具合です。
セキュリティが万全なので、チェックインの時は1階の有人サービスセンター(客務中心)で呼び出してもらわないといけません。電話するか、コンシェルジュに呼んでもらいましょう。
食事はつかないけど、値段・ロケーション・対応どれもよかったので大満足。次回もお世話になりたいと思うホテルです。
★★★ 天津 タワー ジンハイ スーペリア ホテル アパートメント, 天津, 中国

天津の街並み

万里の長城を断念して特に予定もないので、高鉄のチケット購入がてら市内をぶらぶら散策します。

早朝の市内

歳のせいか、何もなくても6時頃には目が覚めてしまうので、朝食を兼ねて外出することにしました。

観光客ゼロの繁華街

掃除は朝しかやらない

メイン通りには屋台がたくさん

屋台で買った焼餅?中華版ハンバーガー的なやつ。ピント失礼(2.5元:約43円)

租界の面影

租界というと上海のイメージが強いですが、天津にも存在していました。詳しくはこちらでどうぞ。
天津市内の繁華街は旧租界地区のようなので、ぶらぶら歩いてみました。
ちなみに現在の地図に無理やり当時の租界地図をあわせるとこんな感じです。

フランス租界の街並み

伊勢丹方面へ歩きます

伊勢丹と日航ホテルのある营口道。フランスとイギリスの境界でしょう。(警察が交通違反の取り締まりしてた)

学校になっている所もあり

このあたりはイギリス租界

すてきな建物ばっかり

租界時代の銀行街に来たようだ

銀行銀座ですね

今は中国銀行。昔は横浜正金銀行だったそうな。

現地人がドローン使って撮影してました。見栄えする場所です。

わき道を覗くといい感じの街並み

津湾広場は綺麗すぎて逆に違和感ありw

解放橋について一旦終了。

昔の面影から現代の近代化まで混在していて、面白い街です