2018ACL アウェイ天津 ~天津オリンピックスタジアム

2018/04/18(水)
天津オリンピックスタジアム(天津奥林匹克体育中心, Tianjin Olympic Center Stadium)で「天津権健」との試合。19:00キックオフ。
結果は皆さんご存知のとおり、残念ながら2-3で敗戦となりました。

天津オリンピックスタジアム

60,000人収容の陸上競技場。総工費は15億元。設計は日本の佐藤総合計画。外観は一滴の水に非常に似ているところから、「水滴」の愛称がある。施設周辺には…wikipediaだとこんな説明です。
近年はコンサート会場にもなっているみたいですが、2008年の北京オリンピックのサッカー会場として使用されたスタジアムですね。細貝選手も天津戦に向けたインタビューで言っていました。

天津オリンピックスタジアム – 天津奥林匹克体育中心 – トリップアドバイザー

天津オリンピックスタジアム – 天津奥林匹克体育中心(天津市)に行くならトリップアドバイザーで口コミを事前にチェック!


ちなみに北京オリンピックでは、6試合が開催されました。

2008/08/07グループB🇯🇵日本0 – 1🇺🇸アメリカ観客数: 57,102人
2008/08/07グループB🇳🇱オランダ0 – 0🇳🇬ナイジェリア観客数: 52,390人
2008/08/10グループB🇳🇬ナイジェリア2 – 1🇯🇵日本観客数: 42,592人
2008/08/10グループB🇺🇸アメリカ2 – 2🇳🇱オランダ観客数: 45,016人
2008/08/13グループA🇨🇮コートジボワール1 – 0🇦🇺オーストラリア観客数: 50,437人
2008/08/13グループD🇨🇲カメルーン0 – 0🇮🇹イタリア観客数: 47,307人

スタジアムへのアクセス

今回の遠征は、中国公安当局の指示でスタジアムへ集団バス移動でした。
もし、個別で行けた場合の行き方です。
最寄り駅は、天津地下鉄3号線の天塔(Tianta)。天津テレビ塔と水上公園の最寄りでもあります。タクシーだと10分、徒歩30分前後って所でしょうか。

天塔駅前からの天津タワー

スタジアムの印象

水に囲まれてました。もともとあった池を埋めて造ったのかな?外観は近代的です。
スタジアム内の傾斜は微妙。最上段へ押し込まれたので他の席種はわかりませんが、見にくそうな印象のスタジアムです。

水に囲まれてます

アウェイ側の南ゲートから

入場時も公安のセキュリティチェックがありました(手ブレ失礼)

最上段からの眺望

芝の状態は良くない。風が抜けにくいのでしょう

スタジアムグルメ

当日のアウェイ側の売店は2ケ所。品目は最小限でしたが、50名のサポーターのために頑張ってくれた感があります。
前回訪れた香港スタジアムに比べると天国みたいだけど、こちらの飲み物は基本的に常温なこと。あとはビールがないのが不満です。

  • コーラ, スプライト, ファンタ
  • 魚肉ソーセージ
  • スナック類

持ち込みはビン・カン・ペットボトル不可。紙パックはOKっぽい。しかしライターまで没収されたのには驚いた。

売店は北京オリンピックの名残が…

中国でもかっぱえびせんは大人気!(もちろんパチモノ。ピント失礼)

機内食しか口にしてなかったので、貪るようにいただきました

試合終了

現地時間21時に試合終了。
案の定、地元サポーターが退出した後に厳重警備の中スタジアムを後にしました。
2018年ACLはグループステージ敗退という残念な結果になりましたが、やっぱりレイソルはACLに出続けないといけないクラブだと思います。来年も出場できるように、今年のリーグ戦では奮起してもらいたいと思います。

サクラの観客はさっさと帰ってしまいます

人民軍の皆さんもスタンバっております

護衛付きでスタジアムを後にします

それでもACL最高!レイソルにはその先のCWCも見据えてほしい!