香港番外 ~観光で利用する公共交通

香港の交通事情

世界有数の観光王国でもある香港。公共の交通機関が非常に発達しています。
「Airport Express Travel Pass」を利用した場合と「Octopus」を比較して、どれくらい違ってくるかを検証してみます。(個人差は絶対ありますので参考程度に…)

公共交通の種類

日本でいう所の「Suica」「ICOCA」のみたいな交通系ICカード「オクトパス(Octopus ; 八達通)」が使えます。
中国と接続している鉄道や高速船、タクシーなどは除きました。

  • 地下鉄(MTR)
  • エアポートエクスプレス
  • バス
  • トラム
  • フェリー

地下鉄(MTR)

九龍半島や香港島を網の目みたいに地下鉄が走っています。
だいたいの所には地下鉄で移動することができますので、非常に使い勝手が良いです。
目的地によっては乗り換えが煩雑になりますが、これは慣れの問題ですね。

エアポートエクスプレス(Airport Express)

香港国際空港と九龍や香港島を結んでいます。
10分間隔で早朝から深夜まで運行しているので「急いでいる」「荷物が多い」人向き。
運賃は他の公共機関に比べると高額ですが、駅とホテル街を巡回する無償シャトルバスに乗車できます。九龍と香港駅のみのサービスです。
MTR > Privileges and Complimentary Services

バス

地下鉄がカバーしていないエリアにも運行しています。
2階建てバスからマイクロバスまで、近距離~長距離とさまざまなバスが走っています。
運行距離によって運賃が違いますが、使い方によってMTRより安く利用できます。
乗り方は「前乗り・後降り」で、乗車時に運賃を支払います。

トラム

香港島の繁華街を横断する2階建てトラムとビクトリアピーク専用の登山用の2種類があります。
2階建てトラムは100年以上の歴史があり、観光者が多く乗車します。
運賃は数ドルで乗れてMTRより安く利用できますが、その分時間はかかります。時間があって、のんびり街を眺めたい人向き。
乗り方はバスとは異なり「後乗り・前降り」で、降車時に運賃を支払います。

ピークトラムは乗っていないので詳細は省きます

フェリー

島が多い香港は、フェリーも発達しています。
九龍~香港のようなほとんど観光用もありますが、それ以外の離島との便も多い様です。

これにも乗っていないので詳細は省きます

オクトパス

交通系ICカード「オクトパス(Octopus ; 八達通)」は、香港滞在中では必ず必要になるアイテム。MTRやバスなどの交通機関以外にもコンビニでの決済にも利用でき、残高が少なくなればチャージもできます。
購入時は$150でデジポット(保証金・$50)が含まれていますが、帰国時に不要であればチケットセンターで払い戻しもできます。

Airport Express Travel Pass

オクトパスとほぼ同じですが、旅行者専用で3日間乗り放題とエアポートエクスプレス乗車券付きのパスです。
種類は2種類あり、エアポートエクスプレス乗車券が片道か往復かで料金が変わります。

  • 【往復・$350】Airport Express Travel Pass 2Ride
  • 【片道・$250】Airport Express Travel Pass 1Ride


私はエアポートエクスプレス片道付きの1RidePass($250)を購入。
MTR > Tourist Tickets
エアポートエクスプレス以外でも空港へ移動できますので、旅行行程によっては片道でも十分良いと思います。

香港と反対方面のエアポートエクスプレスに乗車すると、区間外になり別途運賃が徴収されます。(柏サポーターI氏の体験談)

ルートを探す

現地で利用したのは、香港運輸省(Hongkong Transport Department)が提供しているサイト。
MTRのアプリやGoogleでも調べられますが、MTRとバスやトラムを乗り継ぐ場合も検索できるので、これが一番便利でした。
HK-ETransport

漢字と英語どちらでも入力できたので便利

Airport Express Travel Pass と Octopus はどちらが得?

私が2日間滞在した際の実績です。

合計$231.7でしたので、デジポットを含むと$281.7。
$30ちょっと得をしました。缶ビール3本程度でしょうか。

2日間でこの結果ですので、頻繁に移動するならトラベルパス1択!

空港送迎サービスの利用やツアー旅行などで添乗員がついている場合は、トラベルパスは不要でしょう