2018ACL アウェイ香港 ~街の一望ポイント

2018/03/13(火)
廃村に続いて、香港市内が一望できる絶景ポイントへ向かいます。
某航空会社のサイトにも掲載されたらしい、夜景の綺麗なローカルポイントです。

廃村から香港本土へ

馬湾(Ma Wan ; Park Island)での公共交通は、バスかタクシー、フェリーのみ。
中環へ向かうフェリーも捨てがたかったが、路線バスと電車を乗り継いで香港本土へ向かいます。

路線バスに乗る

本土方面へ数路線が運行しているが、運行本数も多くどこも地下鉄(MTR)の駅が終着なので、安心して乗れる。
乗換を最低限にしたかったので、葵芳(Kwai Fong)行きのバスを待って乗車。

香港の地下鉄に乗車

バスを降りたあとは、葵芳駅で乗り換え、MTRで深水埗(Sham Shui Po)まで乗車。
どんなカオスが待ってるかと思いきや、ほとんど日本とかわりません。エスカレーターも関西みたいに左側を空けるし、整列乗車はするし、本当に民度が高くて驚いた(本土へ行くと真逆だと思う)。

絶景ポイントへ

最寄り駅

最寄りはMTR深水埗。香港の秋葉原と呼ばれる街です。
午前中なので空いている店は少なかったですが、日中は混雑しそうなエリア。竹の足場とか、ようやく香港に来たなーって感じになってきました。

絶景の丘へ

目的地の嘉頓山(Garden Hill)まで、GoogleMapによると駅から徒歩で15分程度。
ダラダラと丘まで歩くと思いきや、ふもとまで来てみれば結構な急坂。手すり付きの階段(北アルプスの急登みたい)をひたすら登っていくと5分程度で頂上に着きます。

帰りにもっと楽なルートがあったと気付きました。他のサイトをみると、こっちのルートから行く人が多いです。

嘉頓山(Garden Hill)

そんなに標高はないが、香港の街並みが一望できて良い場所。山というより小高い丘。
平日の午前中なのにそこそこ人がいるが、地元民ばかり。ずっと体操している老人や自撮りばかりしてる若い子達を尻目に少し昼寝。

観光客らしいのは私1人だけ。地元民からヒソヒソと Japanese?Korean? とか言われていたので、外国人が訪れるのは珍しい様子。
夜景も素晴らしい場所みたいなので、またいつか訪れてみたいと思います。

参考にしたサイト

嘉頓山.日落夜景
嘉頓山的日落 – 香港好去處 | 香港攝影景點 – ImageJoy