2018ACL アウェイ香港 ~廃村へ行ってみる

2018/03/13(火)
試合前日の早朝に香港入り。観光客が少ないポイントを巡ります。

香港国際空港

定刻通り05:00到着。早朝なのに暖かい、やっぱり亜熱帯。
しかし、この空港は広いこと広いこと…。さすがアジアを代表するハブ空港(まだまだ拡張中、もう1本滑走路を造ってるらしい)。
帰国便は試合終了後の夜間便なので、帰りは近いゲートじゃないとダッシュの恐れがあるかも。
到着後、激混みのイミグレは実質ノーチェック状態。タバコ1カートン買いしてくるんだったと後悔しつつ、空港でのミッションへ。

  • 最低限の両替
  • レールパス(Airport Express Travel Pass)の購入

両替

とりあえず最低限で良いので、5,000円だけ空港内の両替屋にて。(Rate:0.07 / $343.74)
街中へ出たら、クレジットカードでキャッシングするか、レートが良い尖沙咀(チムサーチョイ)の重慶マンションあたりで両替するかな。

レールパス

空港内のMTRチケットセンターは6時オープン。多少並ぶがすんなり購入。(クレジットカードも使えます。JCBも可)
今回の遠征では地下鉄(MTR)とローカルバスを乗り尽くす予定なので、乗り放題を選択。
エアポートエクスプレス片道とデジポット代も含んで$250。行動予定の試算では$200以上かかる予定なので元は取れるはず。

この件で1記事書ける気がするので、詳細は割愛します

いざ廃村へ

メジャーな観光地があまり好きではない私。ネットで調べた所、廃墟になった村がそのまま残っている所があるらしい。空港からさほど遠くない様なので行ってみることにしました。

路線バスに乗る

空港内のローカルバスセンターへ。
看板通りに進めば良いのですが、乗り場が少しわかりづらい。インフォメーションの人が丁寧に教えてくれたお陰で無事に06:30発の始発に乗り込む。

香港のバスは路線番号が表記されているので、とてもわかりやすいです

廃村のある島

ウトウトすること30分、廃村のある島、馬湾(Ma Wan ; Park Island)へ到着。
空港から結構離れているが、路線バスなのに高速道路を走るし、運転手は飛ばすし早い早い(路線バスが高速乗るって福岡だけかと思ってた…)

どんなさびれた島(漁村か?)かと思っていたがとんでもない、リゾート風な場所に着いた。本当にこんな所に廃村なんてあるのかってくらい。テーマパークっぽいのもありました。

これが廃村か

迷うこと30分、ようやく廃村らしき場所へ到着。
本当に誰もいない。静か。静寂。夜が明けたばかりだからか結構な雰囲気あるし、迷わず来れていたらもっとビビっていたかも。

元々は漁村っぽい

小屋が朽ちてる…

誰もいない

強制退去させれられたご様子

無能って言ってる!

漢字だけの抗議文って怖い(本土じゃきっとあり得ない光景)

本当にその通り

人はいないけど、ゴミ箱と灰皿はあります

どんどん奥へ進みます

村の広場っぽい所

祠もありました。管理されている様です。

本当に何ともいえない雰囲気があります。
廃墟マニアじゃないけど、結構好きかも。写真撮りまくります。

海まで廃墟は続いていました。

島の雰囲気

気がつけば2時間近く散策、着いたバス停方向に戻っていきます。

リゾート地のビーチみたい

瀬戸内の雰囲気と似ている気がします

近い将来、キレイさっぱり取り壊して再開発でしょう。
昔の香港の面影を見れたと思うと、いい所に訪れたなと思います。

参考にしたサイト

馬灣(珀麗灣)
馬灣大街旧村 クチコミガイド【フォートラベル】|Ma Wan Village Street|香港